チャレンジ君チャレンジ君

いっしょうけんめい、塾に通っているのに成績が上がらない!


コマ先生コマ先生

こんにちは、コマ先生です!

大丈夫、そういうお友達はたくさんいます。悩む必要はないんです。そんな君に必要なことはなんでしょう。

それは「素直になる」ことなんです。

成績が上がらないからといって、それを塾や、塾の先生のせいにしてはいけませんよ。実は、成績が上がらない原因は、「あなたが素直でない」からであることがほとんどです。

でも誤解しないでください。「君の性格が素直でない」ということではありません。

勉強に対して素直に向き合っているか?ということなんです。

【スポンサーリンク】

この質問に君はどう答えるだろう。

先生に言われたことを、ちゃんと実践していますか?

たぶん、全部はできていませんよね。

宿題は毎日たくさん出るし、全部を復習して理解するなんてできないし、遊びたいし・・・でも、やっぱり当たり前なんですが、「成績があがらない一番大きな原因」はこれなんです。

どんな塾に通っていても、たいてい同じことを言われます。

  • 宿題をちゃんとすること。
  • 復習をすること。
  • やり直しをすること。
  • 途中式を書くこと。
  • 問題分のキーワードや問われていることには、チェックを入れること。

ひとつひとつ滞りなく、実行できていますか?

まずは1か月だけ、頑張ってみましょう。それで解決!

ではどうしましょう?

先生に言われていることを素直に1か月だけ、実践してみましょう。

まずは1か月だけでいいのです。

それでも成績の上がらないのであればまた別の原因があるのでしょうけれども、たいていの場合先生に言われていることを実践することで解決しちゃいます。

とりわけ、大事なのが、「やり直し」です。

ここをおろそかにしていると成績はなかなか上がりません。上がっても、少しずつです。やはり、急激に成績が上がり始めるのは、「やり直し」が徹底できている子です。

やり直しと一言で言っても、人それぞれのやり方になってしまうので、「やり直し」とは、どういうことを言うのか、まとめておきますね。

「やり直し」とは、どういうことか。

  • 間違えてしまった問題は、必ず解きなおす。
  • 間違えてしまった問題の解説を読んで、確実にひとつひとつ理解する。
  • 間違えてしまった問題の類題をする。
  • もし間違えてしまった問題が多いのであれば、その単元を総復習する。

※総復習をするなどやり直しすべき範囲が広い場合、やり直しすべき量が多い場合。どう手をつけていいのかわからないときは、先生のアドバイスをもらいましょう。

やり直しの際のおすすめ。

このやり直しについて、さらに望ましいのは、「やり直しノート」を作っていくということ。

そのノートについては、毎日寝る前に目を通すことが大事です。もちろん、量が増えていくとは思いますが、そこは大丈夫です。

なぜなら、もうこのページは大丈夫だと思ったら、破り捨てるからです。数か月もやれば、ノートのページが減っていくので、自信にもなります。

いかがでしょう?

まとめ

今までのあなたの「やり直し」はどのようなものだったでしょうか。

少なくとも、ただ、もう1度解きました!では、やり直しとは言いません。

どうやって「そのできなかった問題を克服したのか」が大事なのです。

  • やったという事実

でなく、

  • 克服したという事実

だけに焦点をあて、勉強することをやり直しと言うのです。

コマ先生コマ先生

今からでも大丈夫。

  • 先生を信じて、もっと素直に勉強に取り組みましょう。まずは1か月!
  • 「やりなおしノート」を作って、間違えた問題を克服しましょう!

【スポンサーリンク】