チャレンジ君チャレンジ君

難関校に受かる子はやっぱり素質があるのでしょうか。僕とあまりに模試の成績が違い過ぎて、自信がなくなっちゃった・・・


コマ先生コマ先生

素質は関係ありません!必要なのは素質じゃなくて、コツなんです!

コツはあなたにも覚えられるから心配無用♪

こんにちは、コマ先生です。

今回、質問に答える内容は、「やっぱり、素質がないと難関校に合格できませんか?」という質問です。結構、そう思っている子も少なくないです(受験が近づくにつれて、この悩みを持つ子は増えていきます)。

でも安心してください。

ズバリ、そんなことはありません!と最初に言っておきますね。

よく思うのは「難関校に合格する人は頭がいい」というコト。

ですが、そうは言えません!というより、それは間違った考えです。

「素質がないと難関校に合格できない」ではなくて、「勉強のコツをつかめないと難関校には合格できない」といった方がいいでしょう。

では、いったい勉強のコツとはなんなのでしょう。それを、少し書いてみたいと思います。

495865

【スポンサーリンク】

中学受験突破における勉強のコツ

「出題者の意図」を読む

その1つが「出題者の意図」をいつも読むというコト。

問題を解いて、答え合わせをして、間違ったところは解説を読んで・・・。大事なところは、マーカーを引いて、覚えて・・・ということも大事な勉強方法です。でも。

それに加えて、「出題者の意図」をいつもくみ取ることは大事です。

  • なんで、この問題が出題されているのだろう?

と1問1問解いていく。そうすると、

  • ここでひっかけたいんだな。
  • ここは、こう答えさせたいから、こういう問いかけなんだな。

というように、「なぜその問題が出されているのか?」に答えながら解く、というのが大切なコツなんです。

えっ、難しいって?

大丈夫、出題者の気持ちを読もう、と気を付けていれば必ずできるようになります。

「完璧主義者」にならない

  • ここがわかるようにならないと次の単元に進めない。

とか、

  • この単元は、好きだから完璧にしたい

とか、そのような感覚を捨てることです!

えっ、塾の宿題は全部カンペキにやらないといけないんじゃないの、って?

入試までは時間が限られています。

そして、入試は、満点を取る必要はなく合格点を取ってしまえばいい競技なんです。

要領よく、「きちんと解ける」「ちょっと頑張ればできる」という問題を積み上げていくことが大事です。

「勉強ができる人」をまねる

3つめは、「勉強ができる人」をまねてみる。

字の書き方、ノートの取り方をまねてみたり、また勉強の仕方を成績の良い仲間に思い切って尋ねてみることもとても大切なことです(塾の仲間は、競争相手ではありますが仲間でもありますから)。

まねることで、コツをつかめたなんてことは、大人の世界でもよくあることです。

まとめ

「やっぱり、素質がないと難関校に合格できませんか?」の答えは、

  • 素質がなくても、難関校に合格は十分可能!

です。そのためには、「勉強のコツ」がポイントになるということ。

  1. 「出題者の意図」を読む
  2. 「完璧主義者」にならない
  3. 「勉強ができる人」をまねる

これら、3つを実際に実行していきましょう。

コマ先生コマ先生

特に、「「出題者の意図」を読む」は、慣れるまでは意識おかないと忘れてしまいますから、問題を解くときに回答欄のわきにメモ程度構わないので、書き残しておくことをおすすめします!

なぜこの問題が出されたのか?わからないときは、塾の先生に尋ねてみましょう。いい質問だね!と答えてくれると思いますよ。

【スポンサーリンク】