チャレンジ君チャレンジ君

単元テストではいい点が取れるんですが、すぐ忘れてしまって判定テストで間違えてしまいます。復習はしているんですが・・・


コマ先生コマ先生

すぐ忘れてしまうということは、「暗記」はできていても「記憶」にできていないってことになります。

受験における記憶は2種類あって、1つは、パターン・グループ化できているかの記憶。もう1つは、理解できていての記憶。

これらの記憶ができていれば、早々に、忘れることはありません。ちゃんと受験が終わっても、記憶に残っていることでしょう。

こんにちは、コマ先生です。

今の、あなたの状況は、ただやみくもに、単元テストのように範囲がきまったテストのように覚えようしている・・・のだと思います。そうだとすれば、それは「暗記をしている行為」となります。

かの有名な「エビングハウスの忘却曲線」(知ってるかな?)といわれる研究結果では、1日も経てば学習した内容のなんと74%を忘れてしまうということが証明されています。そして、忘れないようにするためには、定期的な復習や見直しが必要だとされています。

その繰り返しの中で、「暗記」は「記憶」として定着していくと言われています。その繰り返しの方法が、さきほど冒頭で言った「受験における記憶は2種類」がある、ということなんです。今回は、具体的に書いてみますね。

【スポンサーリンク】

受験における2種類の記憶

1つめ、パターン・グループ化した記憶。

  • 国語の漢字なら、編ごとに漢字を覚える。画数ごとに覚えてみる。
  • 算数なら、図形の形ごとに、公式をまとめて覚える。
  • 社会なら、歴史は全体の多くで覚える。文化のジャンルごとに覚えるとか。三大シリーズのように、ある数字に関するものをグループで覚える。
  • 理科なら、間違えやすい用語のペアで覚える。

パターンやグループで覚えるクセをつけていくことが大事でしょう。ただやみくもに、単元テストのように、試験範囲が決まっているからといって、ひたすら、書いて、発音して、解いてということはやめましょう。

さらに大事なことは、アウトプット。つまり、まとめたことをもう1度、何も見ずに書き出してみることです。

書き出す中で、自ずと覚えきれないとことを発見できたり、また付け加えたりすることができるようになります。

2つめ、理解できていての記憶。

特に、公式や時代の年号がコレ。

なぜその公式が成り立つのかを理解せぬまま、公式を覚えても、ただ単に公式だけを問うような単元テストみたいな基本問題は正解できても、入試や判定テストで出題される問題では

  • どの公式を、どう使えばいいのか

がわからず、正解ができないことが結構あります。そして、入試や判定テストでは

  • 単に公式が使えるかを問う

のではなく、

  • 本当に公式を理解できているか

を問う問題が出題される・・・わけです。ですから、解けないわけですね。

また、年号もゴロ合わせで覚えました・・・だけでは、これもまた単元テストのような基本問題は正解できますけど、入試や判定テストでは太刀打ちできません。

やはりその出来事の起こった背景や理由、その後の展開まである一つのストーリー(物語)で把握することが大切です。そうすることで、社会を勉強することが面白くなるでしょうし、なぜそうだったのか理解が広がっていきます。

たとえば、鎌倉時代。

鎌倉時代は鎌倉新仏教(宗派)が広まりました。入試でも頻繁に出される範囲ですね。人物は、法然に、親鸞に、道元に・・・に。宗派、浄土宗に・・・浄土真宗に・・・。たくさん覚えるべきことがあります。大変です。

で、これを、1つ1つ覚えてはやっぱりすぐ忘れてしまいます。

なぜ、このように新しい仏教が広まっていったのか。時代背景やその後の流れまで一緒に覚えてしまうと、だから、親鸞は、「浄土真宗を開いたのかぁ。」などとなっていきます。

※なぜ、鎌倉時代に仏教が広まったかですが

  • それまで日本では争いが多かった
  • この世も終わりという風潮が広がっていた

ため、

  • 念ずれば救われるなど、仏教の教えはわかりやすく、人々が実践しやすかった

ため広まったわけです。文化にも大きな影響を与え、力強い大仏や銅像(東大寺南大門、金剛力士像など)なども多く建てられましたね。その後、日本にキリスト教が伝わるまで仏教は、日本に大きな影響を与えていくわけです。

こんな風に1つのストーリーとして、一気に記憶していくと自然と頭に入るでしょう!

まとめ

コマ先生コマ先生

ただやみくもに覚えよう、覚えようとしても、うまくいきません。人間の体はそうできているからです。

本番の試験が近づくにつれて焦ってしまうかもしれませんがここは落ち着いて、じっくりとこの2つの記憶法を試してみてください。

絶対に身について、学力が上がります!がんばろう!

【スポンサーリンク】